ホームページ制作会社(東京)/Web制作会社グローバルダイン

フリーダイヤル0120-387-885 電話受付:平日朝9:00~夜18:00

ご相談・お問い合わせ

MENU

News

ホーム > お知らせ > プレスリリースで実現する企業と社会のコミュニケーション

プレスリリースで実現する企業と社会のコミュニケーション

2016.11.07

プレスリリースで実現する企業と社会のコミュニケーション

現代は「いいモノをつくれば売れる」という時代ではありません。

どんなにいい製品、どんなにいいサービスでも、顧客に知ってもらわなければ意味がないのです。また、ただ知ってもらうだけでは購買には至りません。そこには、コミュニケーションが必要です。こちらの記事では、プレスリリースを活用したコミュニケーション手法について解説します。

プレスリリースとは何か?

プレスリリースとは何か?

プレスリリースとは、「報道関係者に向けた情報の提供」です。

具体的には、「新商品やサービスの発表」から「人事交代や組織変更などの告知」まで、幅広い分野におよびます。テレビ、新聞、雑誌、Webのニュースサイトなど、各種メディアに取り上げられることによって、広く社会に周知させられるのが特徴です。

まだWebサイトが一般的でなかった時代においては、広報活動の中心はこのプレスリリースでした。なぜなら、社会に対して情報を発信する方法が限られていたからです。その後、インターネットが普及したことによって、企業側からも積極的に情報発信が可能となり、プレスリリースのあり方も徐々に変わってきています。

プレスリリースとニュースリリースの違い

プレスリリースとニュースリリースの違い

プレスリリースと似た用語に「ニュースリリース」というものがあります。

同じものとしてとらえられている場合もありますが、実際には明確に異なります。その違いは、プレスリリースが「プレス(報道関係者)に取り上げてもらうことを狙う」ものであるのに対し、ニュースリリースは「自社のニュースをそのまま掲載してもらう」ものとなります。

より具体的に言えば、プレスリリースによってつくられる記事は、「プレス側の視点で制作される」という特徴があります。一方、ニュースリリースは、「自社の視点から自社のニュースを配信する」という性質のものです。客観性、伝わり方、顧客および社会の反応など、それぞれ異なりますので、目的に応じて使い分けることが大切です。

なぜプレスリリースが必要なのか

なぜプレスリリースが必要なのか

では、なぜ企業活動にプレスリリースが必要なのでしょうか。「自社のホームページで掲載すればいい」と考える方もいるかもしれません。たしかに現代においては、ソーシャルメディア等と連携することで、大きな拡散力が期待できます。ただし、マスメディアをはじめとする各種メディアの発信力は、まだまだ健在なのが実情です。

若者を中心にテレビ離れが指摘されていますが、中高年層をはじめとして、未だテレビの影響力は甚大です。また、購読者数が年々へっている新聞に関しても、全体で3割、50代~60代では5割をゆうに超える水準で読まれています(2015年時点・「行為者」ベース)。このようなメディアに取り上げられれば、より大きく拡散される可能性があるのです。

プレスリリースが企業と社会のコミュニケーションとなる理由

プレスリリースが企業と社会のコミュニケーションとなる理由

とくに「企業と社会とのコミュニケーション」という観点から考えると、プレスリリースが果たす役割は大きいです。その理由は次のとおりです。

1.知ってもらうきっかけとなる

企業活動においてもっとも大切なのは「知ってもらうこと」です。自社の製品やサービスを知ってもらわなければ、だれにも購買されることはありません。それではビジネスが成り立たないのです。その点、プレスリリースにより得られる拡散力を上手に活用すれば、より多くの人に知ってもらうことが可能となります。

2.継続的に発信できる

すべてのプレスリリースがメディアに取り上げられるとは限りません。むしろ、報道されるのはごく一部だけです。しかし、プレスリリースを継続することは難しくありません。報道各社が「面白い」「新しい」「注目するべき」と思うような活動を続けていけばいいのです。あとは、定期的に発信できる体制を整えれば、継続的に発信できるようになります。

3.顧客やメディア視点で考えられるようになる

社内にいると、どうしても企業目線で物事を考えてしまうようになります。しかし、プレスリリースを発信し続けることによって、「社会の関心はどこにあるのか?」「メディアはどんな報道を待っているのか?」という視点が身につきます。その結果、顧客やメディア視点で自社のリソースをとらえられるようになるのです。

顧客の視点でコンテンツを制作しよう

短期的な効果から中長期的な効果まで

最近では、企業に代わってプレスリリースを配信してくれるサービスも提供されています。また、自社のホームページやオウンドメディアなどで、プレスリリースを掲載することも可能です。そうすることで、短期的な効果だけでなく、中長期的な効果まで期待できるようになります。

たとえば、企業のブランディングや社会からの信用力を高めることにもつながります。活動そのものを知ってもらうことによって、製品やサービスという観点だけでなく、企業の価値そのものを認知してもらえるのです。プレスリリースを積極的に活用することで、社会とのコミュニケーションを加速していきましょう。

お問い合わせ-Contact-

お電話でのお問い合わせ受付窓口
0428-84-0159〔 電話受付 : 平日/ 9:00~18:00 〕
0428-84-0159〔 電話受付 : 平日/ 9:00~18:00 〕
メールフォームでのお問い合わせ受付窓口
無料相談・お問い合わせ

主な対応エリア

東京都23区・多摩・西多摩全域/神奈川県・川崎市全域・相模原市全域/埼玉県・埼玉県全域/山梨県・山梨県全域
東京・八王子・立川・福生・あきる野・青梅を中心に全国対応としたウェブ会社・ホームページ制作会社のグローバルダイン。ホームページ制作・スマホサイト制作・SEO対策・ネット集客支援・システム開発・など、Webマーケティングを取り入れたコンテンツ企画・制作から運用、集客・運用までワンストップで行っております。企業ホームページ制作をはじめ、官公庁、自治体仕様のホームページ制作やキャンペーンページ制作も対応いたしております。

ページトップ
ホームページに関するスマート相談フォーム