ホームページ制作会社(東京)/Web制作会社グローバルダイン

フリーダイヤル0120-387-885 電話受付:平日朝9:00~夜18:00

ご相談・お問い合わせ

MENU

News

ホーム > お知らせ > 「伝える」から「伝わる」へ。心に響くコンテンツのポイント

「伝える」から「伝わる」へ。心に響くコンテンツのポイント

2018.03.02

「伝える」から「伝わる」へ。心に響くコンテンツのポイント

コンテンツマーケティングの普及にともない、コンテンツそのものの価値が今、あらためて見直されています。いくらコンテンツマーケティングの概念を理解していても、肝心のコンテンツが価値のあるものでなければ、本来の成果を発揮できないためです。では、コンテンツマーケティングにおけるコンテンツとは、本来どうあるべきなのでしょうか。

伝えるだけの残念なコンテンツ

伝えるだけの残念なコンテンツ

そもそもコンテンツマーケティングにおけるコンテンツとは、どのような役割を担っているのでしょうか。
コンテンツマーケティングがユーザーとのコミュニケーションを実現するものであると考えれば、コンテンツというのは、ユーザーと双方向のやり取りを行うために欠かせない、“伝えるための媒介者”であることがわかります。

その点、コンテンツは一方的に伝えるものではありません。どんなコミュニケーションにおいても、双方向的であることが基本です。
とくに、コンテンツマーケティングがユーザーとの良好な関係性を構築しようとするものである以上、一方的なコンテンツになってしまうことは、大きなマイナス要因となり得ます。その点、注意が必要です。

「伝える」から「伝わる」へ

「伝える」から「伝わる」へ

考え方としては、「伝える」コンテンツをつくるのではなく、「伝わる」コンテンツをつくるということです。
伝えるというのは、ただ内容を知ってもらうという活動に過ぎません。
それほどレベルが高くない広告というのは、「伝える」という視点だけでつくられています。そのため、「どうすれば伝えられるか?」という視点が重視されてしまうのです。

しかし、現代のように情報があふれている社会においては、「伝える」という視点だけでユーザーと深いコミュニケーションができるはずもありません。
ユーザーは、多くの情報から取捨選択をくり返し、自分にとって有益だと思えるものを選別しています。その過程において、一方的に「伝える」コンテンツは、当然のごとく廃城されてしまいます。

どうすれば伝わるコンテンツをつくれるのか?

どうすれば伝わるコンテンツをつくれるのか?

どうすれば「伝わる」コンテンツをつくれるのでしょうか。
ポイントは、「ユーザー理解を深めること」にあります。相手を知り、自分たちの強みや特性を知れば、どのようなコンテンツを配信するべきかが見えてきます。コンテンツマーケティングは、そのような行動のくり返しです。まずは、相手を知ることがすべての始まりとなります。

ただ実際には、技術的なことばかりにとらわれて、ユーザーへの理解が不足しているコンテンツは少なくありません。
たしかにコンテンツ制作の技術も大事ではありますが、ユーザーへの理解なくして良質な「伝わる」コンテンツがつくれるはずもありません。同時に、ユーザーを知ったような気になっている状態も、危険なことに変わりありません。

伝わるコンテンツ制作のポイント

伝わるコンテンツ制作のポイント

「伝わる」コンテンツをつくるために、必要なポイントは大きく3つあります。大切なのは、いずれもユーザー理解に関係しているということです。それぞれのポイントについて内容を把握しつつ、ユーザー理解の原則を認識するようにしてください。

1.明確なターゲティングイメージ

コンテンツを制作する際、「誰に」ということが明確になっていなければ、刺さるようなものはつくれません。その点、明確なターゲティングイメージは、コンテンツ制作の要諦であると言えるでしょう。中途半端なイメージではなく、人を特定できるぐらいの強いイメージが大事です。

2.ユーザーニーズの調査と細分化

また、ユーザーを深く理解するには、ユーザーニーズの調査と細分化が欠かせません。調査によって得られたデータは、そのまま活用するのではなく、細分化してそれぞれのニーズに合ったコンテンツ制作に役立てます。そうすることで、よりポイントを押さえたコンテンツがつくれるようになります。

3.コンテンツの見せ方に“導線”を意識する

さらに、コンテンツの見えせ方についても注意が必要です。とくに、ユーザーがどのような経緯をたどってコンテンツを閲覧するのかという「導線」は、つねに意識しておくべきでしょう。その結果、より効果的なコミュニケーションを行うことが可能となります。

コンテンツは伝わってこそ価値がある

コンテンツは伝わってこそ価値がある

「伝える」ことだけを考えて制作されたコンテンツは、ユーザーの視点が欠けているからこそ、読まれることなく見過ごされてしまいます。
ユーザーのことをしっかりと理解し、それぞれのポイントを踏まえたコンテンツ制作をすることによって初めて、コンテンツマーケティングの効果は得られます。ぜひ、「伝わる」コンテンツをつくりましょう。

Web戦略のことなら、お気軽にご相談ください。

当社では、さまざまな業種のホームページを戦略企画から制作・運用まで、サポートいたしております。伝わるホームページ制作のためのコンテンツとなる原稿執筆、写真撮影、動画・映像制作もお任せください。

当社のWebサービスなら社内体制を変更することなく、戦略的にWeb戦略を展開ができます。また他社で制作されたWeb・ホームページでも戦略を組み込み有効活用できますので、これからWeb活用をお考えの方も、是非ともお気軽にご相談ください。

お問い合わせ-Contact-

お電話でのお問い合わせ受付窓口
0428-84-0159〔 電話受付 : 平日/ 9:00~18:00 〕
0428-84-0159〔 電話受付 : 平日/ 9:00~18:00 〕
メールフォームでのお問い合わせ受付窓口
無料相談・お問い合わせ

主な対応エリア

東京都23区・多摩・西多摩全域/神奈川県・川崎市全域・相模原市全域/埼玉県・埼玉県全域/山梨県・山梨県全域
東京・八王子・立川・福生・あきる野・青梅を中心に全国対応としたウェブ会社・ホームページ制作会社のグローバルダイン。ホームページ制作・スマホサイト制作・SEO対策・ネット集客支援・システム開発・など、Webマーケティングを取り入れたコンテンツ企画・制作から運用、集客・運用までワンストップで行っております。企業ホームページ制作をはじめ、官公庁、自治体仕様のホームページ制作やキャンペーンページ制作も対応いたしております。

ページトップ
ホームページに関するスマート相談フォーム